WiMAXのプロバイダー比較は必要ない!

パソコンでモバイル通信をするのならWiMAXがおすすめだというのは、前回書いた。

WiMAXを契約しようと思ったら次に考えるのはどのプロバイダーにするかだ。

いきなり、UQ WiMAXで契約するというのは、あまり賢いとは言えないw

 

WiMAXには沢山のプロバイダーがあり、各MVNOがそれぞれ料金設定やキャンペーンなどを実施している。

そのため、プロバイダーによって料金が異なるのだ。

 

格安SIMのMVNOの場合、料金のみならず、回線速度など品質も異なるため、十分な比較検討が必要だ。

しかし、WiMAXの場合は、基本的に回線は全く同じだと考えて問題ない。すなわち、違いは料金だけだと言っても過言ではない。

そうは言っても、いつ終了するか分からないようなプロバイダーとは契約したくないだろう。

 

その点、有名な、老舗のプロバイダーなら安心間も高いのではないだろうか?

2018年までなら、大手プロバイダーのキャンペーンがとても充実しており、十分な安さだったため、それらのプロバイダーと契約すればいいという状況だったのだが、2019年になってから大手プロバイダーのキャンペーンが全体的にショボくなり、やや怪しげなプロバイダーも人気になり出してきている。

2019年時点のWiMAXでは3年契約が基本となっている。これはどこのプロバイダーでも同じだ。

従って、3年間の総支払額で比較するだけでいいということになる。

料金の比較は上記サイトを参照して貰えばいいのだが、料金の比較は案外難しい側面もある。

上述したとおり、WiMAXはどのプロバイダーと契約してもWiMAXの通信回線としては全く同じものだ。したがって、各プロバイダーが他社と差別化を図るには基本的には料金だけで、せいぜいオプションくらいしかない。

オプションも似たり寄ったりなため、やはり料金で差別化を図ろうとしている。

そのために、各社の料金が実に複雑になっている。

加えて、大手プロバイダーなどは自社回線を既に利用しているユーザーに対しては基本料金を割り引くことも多く、こうなってくると、単純に比較するとはできず、各人毎におすすめのプロバイダーが異なってくることにもなりかねない。

ただ、一つ言えることは、GMOとくとくBBが今最も安価なプロバイダーとして君臨しているのだが、ここを選んでおけば、ほぼほぼ大きな失敗をすることは無い。

そうは言っても、いくか問題があるのも事実だ。

キャンペーン対象となるためにはオプション加入が条件である点。キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックの受け取り損ないやすい点。クレジットカードでしか支払えない点など。

なお、支払方法に関しては殆どのプロバイダーがクレジットカードしか使えず、口座振替を利用できるプロバイダーは殆どない。

これは、不正申し込みが多く、口座振替の場合、特に被害が大きくなるリスクを避ける意味合いがあると思われる。そのためだろうが、口座振替を選択すると、クレジットカード払いと比較するととても高くなる。

というわけで、WiMAXはクレジットカードが必須と考えておきたい。

そう、クレジットカード払いでないと、キャンペーンの比較もままならないのだ。安価に契約しようと持ってもまず無理だ。

 

話がそれたが、WiMAXのプロバイダー比較は、料金比較とほぼ同じで、料金は比較するほどではない。

比較するほどではないというとやや語弊があるのも事実だ。

実際、一番安いプロバイダーと高いプロバイダーでは3年間で4万円くらいの差が出てしまうだから、比較した方がいい。

しかし、色んなプロバイダーの料金を調べて比較する費用があるかというとそうでもないのだ。

殆どのプロバイダーはあまりヤル気がない。

やる気がないというのはすなわち、料金が安くないことに他ならない。

 

料金を安くするためには、基本料金よりはキャンペーンで下げた方が、あとあと上げやすい。

従って、料金比較は、結局はキャンペーン比較することとほぼ同意であり、キャンペーン内容は、殆どのプロバイダーで毎月大きな変化はないのが現実だ。

競争相手の動向を見守りながらギリギリのキャンペーン内容にしていくのが現状で、その競争に参加しているプロバイダーというのはかなり少ないのだ。

そして、他社より常に少し安くなるように設定しているのが、GMOとくとくBBと言うことになる。

従って、あまり細かいことを気にしないのなら、GMOとくとくBBがおすすめだ。

ただ、上述したとおり、やや難点もあり、他は無いのか?という話になれば、次におすすめしたいのが、ビッグローブだ。

BIGLOBEは2ヶ月単位くらいでキャンペーン内容が変るのだが、比較的大手プロバイダーの中では積極的にユーザーを獲得しようとしているため、料金も最安値になることはないが、最安値水準にはあることが多い。

@niftyは、BIGLOBEの次点という位置づけか。

So-netは、2018年まではとても頑張っていたのだが、担当が変ったのか、外部環境の変化なのか分からないが2019年夏現在は全くやる気がなくなっているようにみえる。

従って、大手老舗プロバイダーから選ぶのであれば、BIGLOBEがおすすめだ。

 

他にもなくないのだが、ややキャンペーン内容にインチキクサイ要素があるプロバイダーもあるため、詳しくない人が調べると案外損することにも繋がりかねないので、あまりおすすめはしない。

従って、WiMAXプロバイダーの比較は、そんなに頑張って調べるほどのことでもない。。。というのが結論だ。